【初公開】『講師料50万円講師』育成◆ワンデーセミナー

あなたも、講師料50万円の研修を受注することで、
安定的な収益と時間の余裕を手に入れて、講師として、さらなる成長軌道にのる道筋を見つけませんか?

このセミナーは

□ 単価50万円の研修の満足度を高めるための、講師としての進行スキル
□ 単価50万円の研修を受注するために行う、クライアントとの協働プロセス
□ 単価50万円の研修を実施するために必要な、講師としてのマインドセット

について、実績のある2人の講師、
平本あきお(株式会社イノベイティア代表)と、寺沢俊哉(テラメディア代表)が、
それぞれの経験と得意分野から、そのノウハウを余すところなくお伝えし、あなたに結果を出していただくセミナーです。

 

なぜ今「講師料50万円」なのか?

 

●平本あきおより

講師として自分の価値を上げ、収入を2倍にしたくありませんか?
収入はズバリこれら3つ、新規顧客、リピート率、単価の掛け算です

新規顧客を得るために、代理店を使っている人も多いと思いますが、例えどんなに高くあなたの研修が売れたとしても、あなたの収入がその分高くなるとは限りません。

講師として収入を大きく上げるための近道は、企業とあなた自身が直接契約することです。

しかし、その前には、大手研修企業と有名人気講師という2つの競合が立ちはだかっています。

大手研修企業と契約をすると、研修担当者は安心感を得られます。
また有名人気講師と契約できると、研修担当者の社内の評価が上がります。
だから、研修担当者にとって、大手研修企業や有名講師はとても魅力的なのです。
あなたが研修講師として収入を2倍にするためには、ここに入り込まなければなりません。

そのために必要な技術が、研修担当者へのヒアリング技術です。

研修担当者本人も気づいていなかったニーズを引き出し、本当にそうしたいと心から思える未来の臨場感をつくれたとき、研修担当者は「この先生に任せて大丈夫だ!」という安心感や、「この先生だと社員も満足するにちがいない!」という評価を感じられるのです。

想像してみてください。
そんなヒアリング技術が身についたとしたら。
きっと、あなたのコンテンツもよりオリジナルなものとなり、さらにブラッシュアップすることができるでしょう。

そして、他の研修講師と圧倒的に差別化されることになり、企業との直接契約が増えることで単価が上がりリピート率も増えていくことでしょう。

今回は、そのためのヒアリング技術をお伝えします。

http://inovatia.jp/ 株式会社イノベイティア

 

●寺沢俊哉より
講師、コーチ、コンサルタントの価格設定は、1ケタ~最大4ケタの違いがあります。
駆け出しの講師が、1回数千円の仕事を受ける一方、外国の有名コンサルタントが1000万円を超える価格で招聘される。中身の差は、本当に10000倍あるのでしょうか。私はそうは思いません。それは、著名人には「人が集まるから」です。
これが、講演家として単価を上げる道で、スポーツ選手などの講演も同様です。

今回、お伝えするのは、そうでなく「企業研修」として単価をあげる方法です。
それが、超カスタマイズ研修」。
「企業が抱えている実際の課題」を本気で扱い、その解決を通して人材育成を図る方法です。
例えば、「リーダーシップ研修」。一般的なリーダーシップ論やタイプ分けなどで気づきをうながす講師は、ごまんといます。
しかし、実際その職場で起きている問題をとりあげて、一人ひとりが気づき、納得し、積極的に行動計画をたてコミットさせる講師は、なかなかいません。
そのためには、クライアントのビジネスモデルや価値観、ニーズを理解した上で(わせる対話)、
興味や関心を引きつけ前のめりにさせ(かむ対話)、
それを一番伝えたいテーマにつなげ(かす対話)、
さらに、自分事(ジブンゴト)にしてもらい(さねる対話)、
ともに解決策を発見し(つける対話)
実行することにコミットしてもらう(せる対話)
といった、「あついかみの対話」に沿ってリードしていきます。

この方法は、私自身の28年間のコンサルティング&研修講師の実績・経験を体系化し、だれでもができるように再現性を高めたものです。
当日は、ご自身の研修・セミナーを見直していただけるように、今回限定配布の「テンプレート」をご用意しました。
ぜひ、あなたのプログラムにご活用ください。

https://live5.jp/ ライブ講師®実践会


 

当日進行(12:00~18:00)

 

11:45~ 開場

12:00~12:15
■オープニングセッション なぜ今50万円講師セミナーなのか?【平本あきお&寺沢俊哉】
●実際、講師料50万円の研修とはどんなものか?
●研修企画営業段階と、研修実施段階で、それぞれどんな取り組みをしているか
●平本あきおの実例
●寺沢俊哉の実例

12:15~14:00
■セッション1 【寺沢俊哉】超カスタマイス研修の進め方 「あついかみの対話」 によって、確実に行動をうながす教え方
(当日進行編)
わせる対話で、信頼関係を築き上げる ~対主催者、対参加者の満足を同時に達成するには
かむ対話で、参加者を前のめりにさせる ~タイプに応じた、つかみの選別
かす対話で、テーマに結びつける ~臨機応変力を養う 「シャブリング」
さねる対話で、テーマを自分事(ジブンゴト)にさせる ~コーチング、ファシリテーション力をフルに発揮する
つける対話で、自ら発見してもらう ~相手に見つけてもらうための質問(どこまで、前提を入れるべきか)
せる対話で、承認し仲間に引き込む ~シェアの取り方とコミットへの流れ
(事前・事後のフォロー編)
●解決の質を上げるための、ビジネスモデルの理解と、重要成功要因の押さえ方
●リピートされる 「研修企画書」 と、「研修報告書」 の書き方

 

(14:00~14:15 休憩)

 14:15~16:00
■セッション2 【平本あきお】
●企業との直接契約を実現するヒアリング技術
●ヒアリングは「質問」だけすればいいのではない
●相手のニーズを引き出すために必要な「非言語」での関わり方
●相手をやる気にさせるためには「臨場感」が必要
●課題ではなく「状態」を聞く
●相手の求めている理想の状態を聞き出すヒアリングの仕組み

(16:00~16:15 休憩)

16:15~16:45
■セッション3 【平本あきお&寺沢俊哉】 さらに学びたい方へ

16:45~18:00
■セッション4 【平本あきお&寺沢俊哉】 質疑応答&意見交換

質疑応答や意見交換に十分時間をとります。
疑問をすべて解消してお帰りください。

18:00~
■懇親会
懇親会でも、さらに色々お話しましょう。

 

 

5大特典(あなたに、確実に50万円講師になっていただくために)

 

■特典1 寺沢の著書「人前で話す・教える技術~ライブメソッド5つの公式」(1800円+税 生産性出版)をプレゼントします。

■特典2 寺沢の通信教材DVD・CDセット「ライブ講師(R)入門講座」(定価6万円+税 2016年版)をプレゼントします。

■特典3 寺沢のパート「超カスタマイズ研修の進め方」に関するご質問を、研修終了後2週間にわたって、特設サイトでお受けいたします。また、期間中、ZOOM(無料オンラインミーティング)による、フォローセミナーを3回実施します。その内容は今回の参加者にVIDEOセミナーとして配布されます。

■特典4 平本あきお主催のセミナー無料ご招待(複数申込可能。1セミナーあたり5,000円相当。当日に申込方法をご案内いたします)

■特典5 平本あきおのVOD「心のスイッチ」(14,800円+税)をプレゼントします。(VODとはビデオ・オン・デマンドの略で、動画をスマートフォンやパソコンで、いつでもどこでも視聴できる映像システムです)

 

 

Q&A

 

■Q1 講師をはじめて間もないのですが、今回のセミナーについていけるでしょうか。

■A1 大丈夫です。ただし、1つだけ条件があります。それは、あなたが「何の研修・セミナー」をやるか?提供するコンテンツが決まっていることです。仮でもかまいせんが、何を教えようかというスタンスだと、今回のメソッドが活かせません。逆に「教えるテーマ」が決まっていれば、それを核に、今回のメソッドを活用することで、より価値の高い研修・セミナーを実施することができるようになります。

■Q2 集客の方法を教えてくれるセミナーでしょうか。

■A2 いいえ違います。企業研修(BtoB)の場合、集客と言うよりも法人営業です。企業の担当者とのやり取りを通じて、いかに価値ある研修・セミナーであることを納得してもらうかが重要になります。詳しくは、当日、平本のセッションでお伝えします。

■Q3 事前準備は必要ですか。

■A3 自分の実施する研修・セミナーについて、「こんな内容、進行である」と説明できるようにだけしておいてください。また、参加にあたって、聞いてみたい質問をご用いいいただくと、さらに効果的に受講できると思います。お忙しい方も多いと思います。何か、事前課題の提出物があるということはありません。

■Q4具体的に悩んでいることがあり相談したいのですが。

■A4 質疑応答の時間を1時間以上設けており、その中で実績豊富な講師からコーチング&コンサルティングが受けられるセミナーの構成となっています。この機会に具体的なご相談も大歓迎です。

 

当日、お会いできるのを楽しみにしています。
平本あきお(イノベイティア) 寺沢俊哉(ライブ講師R 実践会)

特定商取引法による表記

Copyright© ライブ講師(R)実践会 , 2018 All Rights Reserved.