ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別にネタを検索しよう!

はじめての方へ

ごあいさつ 寺沢俊哉

こんにちは!「ライブ講師®実践会」代表の寺沢俊哉です。
このたびはサイトをご覧いただき、ありがとうございます。このサイトは、
●経営品質向上プログラム
●ライブ講師Ⓡ実践会
について、自分なりの考え方や具体的な方法をまとめ、発信しているものです。

ぼくは、約30年間、経営コンサルタントとして、企業研修講師として、経営のお手伝いを続けています。
上場企業から中小企業まで、経営者から、改善プロジェクト事務局の方、人材育成担当の方、そして、社員さんやパートナーの方々と一緒になって「よい会社づくり」のお手伝いをしてきました。

その根底にあるのは、
「あなたの喜びが私の喜び」となるような関係づくりを推進することです。
・お客様の喜びが社員の喜び
・社員の喜びがお客様の喜び
・社会の喜びが経営者の喜び
・経営者の喜びが社会の喜び
などなど・・・

それぞれが、だれかに貢献することで自分の喜びにつながる関係づくり。
それこそが、「働く」=「他人(はた)を楽にする」ことの本質であり、真の「働き方改革」だと考えています。

このサイトは、こうした30年の経験から、活動のポイントとなる2つのプログラム
●よい会社経営を続けるために不可欠な、社内の仕組みづくり →経営品質向上プログラム
●よい会社経営を続けるために不可欠な、講師・ファシリテーターの養成 →ライブ講師Ⓡ実践会
について情報発信をしています。
最新の更新情報は、無料メルマガ「講師のネタ帳365」でお届けしています。
ご参考になれば、幸いです。

今後とも、よろしくお願いします。
メールでのご連絡事項は、 info@m.teram.jp まで 

ライブ講師(R)実践会 代表
公益財団法人日本生産性本部 主席経営コンサルタント 寺 沢 俊 哉


アマゾンはこちらから

以下、寺沢俊哉の紹介資料などをまとめました。スライドのダウンロードや、動画をご覧いただけます。

(1)講師紹介 テキスト形式

大手流通系企業を経て、1989年、公益財団法人 日本生産性本部にコンサルタント給費生として最年少で入社。以来、経営コンサルタントとして30年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。コンサルティングと研修を融合させた、独自のワークショップは、参加者自身の課題を題材に進めるため実践的であり、リピート率は8割を超える。研修テーマは、リーダーシップ、ファシリテーション、プレゼンテーション、講師養成など。1998年以降、卓越した企業を表彰する「日本経営品質賞」の審査員として、その後、埼玉県・徳島県経営品質賞判定委員として、経営品質の普及推進活動に従事している。
2015年より、「人前で教える技術」を磨きあう、「ライブ講師®実践会」を主催。数多くの講師、コンサル、ビジネスリーダーが参加し、ともに学びを続けている。
(研修等の実績)パナソニックグループ、ニチレイグループ、政府系金融機関、都銀・地銀各社、サッポロビールグループ、三菱重工グループ、住友重工グループ、JRグループ、日本工営グループ、その他上場企業、埼玉県を中心とした中小企業、商工会議所、青年会議所など。

 

(2)講師紹介 スライド



上記のスライド(PDF)は、こちらからダウンロードできます。

 

(3)研修・コンサルティングテーマ

●心をつかんで行動をうながす!人を動かすリーダーシップ
プレゼンテーション・スキルアップ講座 ~本当に伝えたいことが伝わる
ファシリテーション・スキルアップ講座 ~価値ある会議のマネジメントとは
●リーダーの「問題解決技法・再受講」 ~論理思考から、心の問題・人間関係まで
●よい経営、よし仕事の道しるべ「経営品質」を向上させる、事業計画のつくりかた
などです。いずれも、実際の企業や商工会議所などの団体で行われている内容であり、

●実際のケースや会社の課題をとりあげながら進める
事前準備と事後対応まで設計する
●一人ひとりの行動変容や組織活性化にむすびつける
点に特徴があります。

ぼく自身は、これらの研修を通じて人材育成や、思いの共有を図りつつ、
●組織風土改革
●経営戦略策定
●次世代リーダーの育成
●会議の効率化
などの支援(コンサルティング)をしています。

 

寺沢の講演・研修の雰囲気(サンプル1~3)

(4)サンプル動画1 講演「強面(こわもて)で頑固な管理職(おじさん)を一瞬で笑顔にしてしまうセミナー」(27:57)

 

(5)サンプル動画2 スタジオ撮り講義「あついかみの対話(公式1)解説」(9:22)

 

(6)サンプル動画3 ワークショップ「クッシュボールをつかってみよう」(8:33)

 

 (提供)ライブ講師®実践会

 

 

(ちょっと脱線)

しだけ、プライベートを紹介させてください。
現在、妻、長男、長女とぼくの4人家族。
ですが、ワンちゃん1、ネコちゃん4で、すでにヒトの数を上回っています。
あとは、カメさん1。

埼玉県さいたま市大宮区に住んでいます。もともと、ぼくの実家が氷川神社の近くにあったため、いわゆる、スープの冷めない距離に家を建てました。

供の頃も大宮で育ち、小学校のあだ名が「おとしや」
としやという名前にかけているんですけど、やたら、ものを落とす子だったからです。
筆箱の消しゴムが、1週間ともたない。どこかにやってしまう。
プラモデルをつくると、セミダインがはみだして、手はベタベタ。
そんな子でした。
だから、イジメにあったこともあって、
だけど、何か隠されても、自分でなくしたかもしれないので本人はわからない。
そんな子でした。

るとき、担当の服部先生(中年女性)が、母親とぼくを呼び出して、説教しました。

「今まで、長年教師をしていますが、学級委員をやるような子で、寺沢君のような子は見たことがありません」
長々とお説教。
ただ、聞いてる母とぼく。

つらいなあ。
確かにその通りだけど。

後に、母が先生に聞きました。
「本当にすみません。で、だれか他の子に迷惑をかけているようなことはあるのでしょうか」

服部先生は言いました。
「いや、そんなことはありません。ただ、これは、寺沢君のためだから」

・・・

それを聞いて母が言いました。
「わかりました。大丈夫です」

ぼく
「???」

おそらく、先生も
「???」

母は言いました。
「大丈夫です。この子には几帳面なお嫁さんをもたせますから!」

ごと受けとめてもらえたうれしさ。
この母の言葉は一生忘れません。
そんな母も、2014年に亡くなりました。
12月28日の命日には、たくさんの楽しい記憶を思い出します。

翌年、「ライブ講師Ⓡ実践会」を、ライフワークとしてはじめました。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2017 All Rights Reserved.