ライブ講師®実践会

ジャンル別 ネタ検索

サー・ジェームズ・ダイソンは、チャレンジするからこそ、○○をしない!(5月2日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
1947年5月2日。
サー・ジェームズ・ダイソンが、イギリスで生まれました。
ご存じ、サイクロン掃除機で、世の中に革新を起こした起業家です。

ここで問題。
ダイソンは、自由な発想を大切にしていて、何でも、とにかく突きつめる。
サイクロン掃除機が完成するまで、なんと、5126個の試作、失敗があったそうです。

それでもチャレンジする。

すごいですよね。

そんなダイソンですが、
いや、
ダイソンだからこそ、やらないことがあるそうです。
それは何でしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
「アドバイス」をしない。

どうして?

なぜなら、
人と違うことをするのに、アドバイスできる人はいないからだそうです。
だから、唯一のアドバイスがあるとしたら、
「アドバイスされても、アドバイスを聞くな」

なるほど。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?

過去の成功から学ぶことは大切です。
でも、だれかの成功をただ真似ただけでは、ここまでのイノベーションは起きない。
ときには、偏屈と思われるくらい、自分を出してみてもよいのではないでしょうか。

ちなみに、ダイソンには、デザイナーもいない。
エンジニアがデザイナーを兼任している。
サー・ジェームズ・ダイソン自身もエンジニアであり、デザインとエンジニアを分けるべきではないという考え方があるからなんですね。

見た目だけでなく、使い勝手、素材、耐久性、
それらすべてがデザインという思考があるからなんですね。

 

 

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

こちらの無料メルマガにご登録ください

Dr.Tera

「講師のネタ帳365」
毎日1ネタ
その日にちなんだ最新ネタを、
毎朝6時にお届けします。

 

【講師のネタ帳365】無料メールマガジン



 

数分以内に、1通目のメール『【講師のネタ帳365】ご登録ありがとうございます』(差出人「寺沢俊哉/教える技術365 )が届きます。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2020 All Rights Reserved.