ライブ講師®実践会

ジャンル別 ネタ検索

こだわりをもち続けたい。ジャズドラマーが映画監督になった話(7月26日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
1928年7月26日。
その男は、開業医を営むオーストリア=ハンガリー帝国に起源を持つユダヤ人の両親の長男として、ニューヨークのマンハッタンで生まれた。
ジャズドラマーを目指したり、見習い写真家として仕事をしたりするが、なかなか芽が出ない。
借金をして映画を作ってみたが回収することはできなかった。
はじめにつくった映画の名前は『恐怖と欲望』。
さて、この人はだれ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
私なら・・・
洋画ファンなら必ず知っているキューブリック。
『2001年宇宙の旅』
『時計じかけのオレンジ』
『博士の異常な愛情』
(正確には、さらに『 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』と続く。

そんな人にも、苦労の時代があったことを聞くと、挑戦する元気がもらえますよね。

そして、キューブリックは、完全主義者だったようです。
たとえば、日本語字幕。

訳した日本語を、再度、英訳させて、自らそれを校閲していたそうです。
おおお。
クリエイターとして、作品は、子供のようなものかもしれない。
この気持ちわかるなあ。

あなたは、ご自身の成果について、どこまでこだわりをもっていますか。

 

 

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

こちらの無料メルマガにご登録ください

Dr.Tera

「講師のネタ帳365」
毎日1ネタ
その日にちなんだ最新ネタを、
毎朝6時にお届けします。

 

【講師のネタ帳365】無料メールマガジン



 

数分以内に、1通目のメール『【講師のネタ帳365】ご登録ありがとうございます』(差出人「寺沢俊哉/教える技術365 )が届きます。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2020 All Rights Reserved.