人前で話す教える技術を磨きあう!

ちょっと早すぎない?「暑中お見舞い」伝説の・・・(6月15日)

    
\ この記事を共有 /
ちょっと早すぎない?「暑中お見舞い」伝説の・・・(6月15日)

●今日の「クイズ」は・・・
6月15日は、暑中見舞いの日。
ちょっと早い気もしますか。
どうして?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
1950年のこの日、郵政省が初めて「暑中見舞用郵便葉書」を発売したから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
なるほど。
売り出しの日だから、早いのね(笑)
クリスマスサンタの赤も、バレンタインのチョコも、みんなマーケティングからきているけれど、やはり同じなのかもしれません。
「さあ、これから暑中見舞いを準備しましょう!」

ところで、暑中見舞いって、何枚くらい世の中で流通しているのでしょう。
ちなみに、年賀はがきは約30億枚と言われています。
2003年がピークで45億枚なので、かなり減っています。

暑中お見舞いは統計がハッキリしないのですが、もっと減っているかもしれませんね。
成熟期のマーケティング、さあどうしたらいいのでしょうね。

伝説の動画を1つ。

 

話のネタを、毎日、無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.