ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタはこちら

クロスワードの日にちなんで!スミマセン、ぼくは苦手なのですが(12月21日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・

1913年12月21日。
『ニューヨーク・ワールド』紙に、日曜版の娯楽のページにクロスワードパズルが掲載された。
だから、今日は「クロスワードの日」なんです。

ちなみに、

既存のクロスワードパズルで、一番長い単語は、

Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch

58文字で1つの単語だそう。

イギリス・ウェールズ北部のアングルシー島にある、村の名前。
疑い深い方は、ぐぐってください(笑)

そして、ここからが問題です。

それでは、一番マスの大きなクロスワードパズルは、縦×横で、何文字入るものでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
縦129×横1899マス
全長13m! 6万6666語のクロスワードパズル。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
パズル雑誌『パズル通信ニコリ』を発行しているクイズ専門出版社ニコリが、創刊35周年事業として作成したもの。

世界最大(2016年4月現在、同社調べ)のクロスワードパズル「メガクロス」を6月20日に作成。発売しました。
実際、25万円+税で発売中とのこと(笑)。

縦90センチ、横13メートルを印刷できる機械は1台しかないので、1日1本しか制作できないみたいです。
マニアの世界は深い。

クロスワードやジグソーバズル。
実は、ぼくは大の苦手です。辛いんです。
この手の努力は、性に合わないんです。スミマセン。

おそらく、このパターンの遊びは、好きな人と辛い人がいると思うのですが、どうなのでしょう?

 

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

「講師のネタ帳365」という無料メルマガを発行しています。こちらにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。話のネタが欲しい人、人前で話す・教える技術を磨きたい人にはピッタリですよ。まだ、お申込でない方は、よろしかったら、ぜひ!

過去の記事はこちら
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2018 All Rights Reserved.