ライブ講師®実践会

ジャンル別 ネタ検索

ご存じ!忠臣蔵、赤穂浪士討ち入り(12月14日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
12月14日は、ご存じ、忠臣蔵。
赤穂浪士(赤穂藩の旧藩士)本所・吉良邸への討ち入りの日。
そもそもの発端は、江戸城松の廊下で、播磨赤穂城主の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が、 旗本の吉良上野介 (きらこうずけのすけ)に突然斬りかかったから。

で、どうして斬りつけたんでしたっけ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
原因はハッキリしていません。

朝廷接待の儀礼を教える吉良さんに、浅野が賄賂を贈らなかったため、意地悪されたとう説もあるそうですが。

ハッキリしない。
この2人。同業者。
双方とも領地に塩田を持っており、瀬戸内の赤穂の塩の方が、三河の吉良の塩より品質が良くたくさんとれたから、そのあたりの嫉妬という話もあるようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
いや〜不思議。
けんかの原因がわからないのに、その後の討ち入り、切腹の流れの方がドラマになるなんて。
近松門左衛門さんの筆力。

やはり、これが日本人受けするシナリオなのかなあ。

さて、みなさんは、どう推理しますか。

 

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

こちらの無料メルマガにご登録ください

Dr.Tera

「講師のネタ帳365」
毎日1ネタ
その日にちなんだ最新ネタを、
毎朝6時にお届けします。

 

【講師のネタ帳365】無料メールマガジン



 

数分以内に、1通目のメール『【講師のネタ帳365】ご登録ありがとうございます』(差出人「寺沢俊哉/教える技術365 )が届きます。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.