人前で話す教える技術を磨きあう!

ご存じ!忠臣蔵、赤穂浪士討ち入り(12月14日)

  
\ この記事を共有 /
ご存じ!忠臣蔵、赤穂浪士討ち入り(12月14日)

●今日の「クイズ」は・・・
12月14日は、ご存じ、忠臣蔵。
赤穂浪士(赤穂藩の旧藩士)本所・吉良邸への討ち入りの日。
そもそもの発端は、江戸城松の廊下で、播磨赤穂城主の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が、 旗本の吉良上野介 (きらこうずけのすけ)に突然斬りかかったから。

で、どうして斬りつけたんでしたっけ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
原因はハッキリしていません。

朝廷接待の儀礼を教える吉良さんに、浅野が賄賂を贈らなかったため、意地悪されたとう説もあるそうですが。

ハッキリしない。
この2人。同業者。
双方とも領地に塩田を持っており、瀬戸内の赤穂の塩の方が、三河の吉良の塩より品質が良くたくさんとれたから、そのあたりの嫉妬という話もあるようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
いや〜不思議。
けんかの原因がわからないのに、その後の討ち入り、切腹の流れの方がドラマになるなんて。
近松門左衛門さんの筆力。

やはり、これが日本人受けするシナリオなのかなあ。

さて、みなさんは、どう推理しますか。

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.