ライブ講師®実践会 提供

ライブ講師®実践会とは?

【11月28日 今日は何の日】ピアノ調律師

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
ご存じの方も多いかも。
あの問題です。

「アメリカのシカゴには何人(なんにん)のピアノの調律師がいるか?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
シカゴの人口は300万人とする
世帯あたりの人数3人とする
10世帯に1台の割合でピアノを保有している
ピアノ1台の調律は平均して年1回行う
調律師が1日に調律するピアノの台数は3つ
週休2日とし、調律師は年間に250日働く
そして、これらの仮定から、
300万÷3÷10=10万台のピアノ。
10万回の調律
1人の調律師は、250×3=750台調律する。
だから、
10万÷750=130人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
こんなアプローチ、「フェルミ推定」と言いますよね。
そう、今日11月28日は、エンリコ・フェルミ(Enrico Fermi)の命日です(1954年11月28日没)。
イタリアはローマ出身の物理学者である彼は、シカゴ大学の学生に対して、こんな問題を出していたとされています。

って、本当かな(笑)

でも、「概算」の達人という話は伝わってきているようです。
例えば、原子爆弾の爆発の際、ティッシュペーパーを落とし、その動きから爆風を計算し、爆発のエネルギーを見積もったという逸話があります。

「概算」(あばうと)大切(^_^)/

サイトの記事や情報を、毎日確実に
あなたのお手元に、お届けします!

無料メルマガ
「講師のネタ帳365」


今なら、2大特典プレゼント付き

【特典1】2分で心をワシづかみ!
話のネタ帳ベスト10

【特典2】エクセルだから
まんま使える
「心に残る名言100」

この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2017 All Rights Reserved.