ライブ講師®実践会

会員のみなさんへ

「動」の意味~REDの原則 Do it「動」の真意とは

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

ライブ講師(R)実践会で大切にしてる「REDの原則」3つめの「D」は Do it「動」のこと。
そこで「動」の語源を探ってみた。

「動」ヘンの部分、もとの字は「童」。ツクリの「力」は、スキを表す。
「童」という字は、ワラベとも読むが、シモベとも読む。もともとは、受刑者の意味だったそうです。結髪をゆるされない姿、それが、転じて、子供にも「童」の字があてられたとのこと。そのため、古くは「童謡」とは「労働歌」だったとのことです。そう考えると、「動」の字は、もともとは、受刑者がスキをもってあたる、いわゆる農奴の姿だったのですね。ああ、恐ろしや~

ライブ講師(R)実践会でいう、Do itは、もちろん、だれかに命令されるのではなく、自分で自身で行動することです。評論家的になるのではなく、まず、やってみる。その精神を大切にしています。

 

 

こうしたサイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

こちらの無料メルマガにご登録ください

Dr.Tera

「講師のネタ帳365」
毎日1ネタ
その日にちなんだ最新ネタを、
毎朝6時にお届けします。

 

【講師のネタ帳365】無料メールマガジン



 

今なら何と! メルマガ登録者全員に「オンラインで使える 1まいネタ ベスト10」をプレゼント。数分以内に、1通目のメール『【講師のネタ帳365】ご登録ありがとうございます』(差出人「寺沢俊哉/教える技術365 )が届くのでご確認ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2021 All Rights Reserved.