ライブ講師®実践会 提供

ライブ講師®実践会とは?

【3月23日 今日は何の日】自由からの逃走

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
1900年の今日、3月23日は「自由からの逃走」の著者が生まれました。
心理学のドラッカーさんみたいなものでしょうか。
さて、どなたでしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
エーリヒ・フロム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
「自由からの逃走」は、ナチズムに傾倒していったドイツを考察した本です。
心理学をかじった方なら、一度は出会っている本だと思います。
その誕生の原因を、単純に語れるものではありませんが、フロムはこんな言い方をしています。

当時は・・・
社会そのものが自由の意味を履き違えていた。
自由というものは、本来はそれが与えられることに対しての孤独や責任を受け止めるということが求められる。
(中略)
しかし、当時は、自由が与えられていた大衆が、自主的に孤独や責任を受け止める覚悟をもとうとすることなく、自身の幸福を追求することのみの人生を送っていた。

今でも「自由」を誤解していることって、ある気がします。

サイトの記事や情報を、毎日確実に
あなたのお手元に、お届けします!

無料メルマガ
「講師のネタ帳365」


今なら、2大特典プレゼント付き

【特典1】2分で心をワシづかみ!
話のネタ帳ベスト10

【特典2】エクセルだから
まんま使える
「心に残る名言100」

この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2018 All Rights Reserved.