人前で話す教える技術を磨きあう!

監督自身がオカルトだったら、、、悪魔だったらどうしたらいいんだ!(7月13日)

    
\ この記事を共有 /
監督自身がオカルトだったら、、、悪魔だったらどうしたらいいんだ!(7月1...

●今日の「クイズ」は・・・
7月13日は、「オカルト記念日」です。

で、どうして?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
1974年7月13日。
映画『エクソシスト』が日本で初公開されたから。
この映画が、オカルトブームの火附け役となりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
『エクソシスト』
はじめてこの言葉を聞いたとき、
歯切れのいい言葉だなあ、何だろう?
と子供ながらに、思った記憶があります。
そうです。
悪魔払いの専門家です。
映画も、悪魔に取り憑かれる女性(リンダブレア)の顔が怖くて、今でも憶えています。

そして、この映画、裏話があるんです。

それは、

監督のウィリアム・フリードキン自身が、悪魔だったこと。

現場にショットガンをもちこみ、撮影中に空砲を撃って、驚いている役者の表情を撮ったり、母親役のエレン・バースティンが倒れるシーンでは、迫力を出そうと、ピアノ線で彼女の体を思いっきり引っ張って床に強打、苦痛に歪む顔を撮ったりしたそうです。

今の時代なら、たいへんな事です。

 

 

 

毎日、話のネタを無料配信中。



Copyright©ライブ講師®実践会,2021All Rights Reserved.