人前で話す教える技術を磨きあう!

日本初のタブロイド誌、はじめて載った記事は何でしょう?(2月25日)

    
\ この記事を共有 /
日本初のタブロイド誌、はじめて載った記事は何でしょう?(2月25日)

●今日の「クイズ」は・・・
1969年2月25日。
日本初の駅売りタブロイド判夕刊紙として、
「夕刊フジ」が創刊した。
当時、東西産経新聞の精鋭が集められ、エース級のライターが集結したそうです。
で、
一面を飾ったのは、どんな記事だったでしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
「慎太郎新党躍り出る」

当時参議院議員だった石原慎太郎さん。

夕刊フジの一面、政治記事だったんですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?

タブロイド判は、通常の新聞の半分の紙面です。

ところで、
タブロイド(Tabloid)
なんで、こんな名前なのか。

実は、薬に関係あるんです。

1880年代後半、バロウズ・ウェルカム・アンド・カンパニー(現・グラクソ・スミスクライン)が、それまで一般的だった「粉薬」を圧縮整形した固形の錠剤(tablet)を発売しました。

その商品名が「タブロイド」 (Tabloid)。
ここから転じて、小型のものを示す言葉として「タブロイド」が流行したそうです。

 

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.