ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタ検索・サイト説明

はじめてのタブロイド誌、はじめての記事は何でしょう?(2月25日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
1969年2月25日。
日本初の駅売りタブロイド判夕刊紙として、
「夕刊フジ」が創刊した。
当時、東西産経新聞の精鋭が集められ、エース級のライターが集結したそうです。
で、
一面を飾ったのは、どんな記事だったでしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
「慎太郎新党躍り出る」

当時参議院議員だった石原慎太郎さん。
政治記事だったんですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
タブロイド判は、通常の新聞の半分。
タブロイド(Tabloid)
なんで、こんな名前なのか。

1880年代後半、バロウズ・ウェルカム・アンド・カンパニー(現・グラクソ・スミスクライン)が、それまで一般的だった粉薬を圧縮整形した、固形の錠剤(tablet)を発売した。
商品名が「タブロイド」 (Tabloid)。
ここから転じて、小型のものを示す言葉として「タブロイド」が流行したそうです。

サイトの最新記事を、もれなくゲットするメルマガは・・・



「講師のネタ帳365」という無料メルマガにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。


ライブ講師Ⓡ実践会にご興味を持っていただいた方は・・・

人前で話す・教える技術を磨きあう!

 

過去の記事はこちら
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.