人前で話す教える技術を磨きあう!

ジョルジュ・サンド 才能を開花させあう関係(7月1日)

    
\ この記事を共有 /
ジョルジュ・サンド 才能を開花させあう関係(7月1日)

●今日の「クイズ」は・・・
7月1日は、女流作家、
ジョルジュ・サンド(George Sand、1804年7月1日 ~ 1876年6月8日)の誕生日。
ショパンの3人目の恋人として登場しますが、社交界での彼女はちょっと目立っていたそうです。
さて、どうしてでしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
男装していたから。
黒色の服装に身を包み、ズボンをはき、 片時も葉巻を放さず、周囲に何人もの男をはべらせる。
男装の作家ジョルジュ・サンド。
繊細でナイーブな 青年ショパンとは正反対だったそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
ジョルジュ・サンド。
よい噂、そうでない噂。
たくさん噂のある有名人です。

確実に言えるのは、肺病病みのショパンを看ていたこと。
スペインのバルセロナ沖に浮かぶ地中海の島「マジョルカ島」での保養期間も付き添っていた。
ショパンの才能を開花させた女性の1人であったことは間違いないようです。
男女に限らず、お互いの才能を開花させあう関係。
それこそが、真の「おもいやり」かもしれません。
そんな出会いで人生を埋め尽くせたら幸せですね。

 

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.