ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタはこちら

「フォークの神様」って誰の事よ?ヒント:沢田研二さんのファンだったそうです(4月5日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
1946年4月5日。
フォークの神様と言われた人が、TVで告白。
「本当は、ジュリー(沢田研二)の後を追いかけたかった」
って、この人だれ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
吉田拓郎さん

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
フォークソングといえば、
反戦l
アウトロー!。
色々な見方ができますが、拓郎さんは、テレビに出ないことで有名になりました。

その、拓郎さん。
2016年2月の「報道ステーション」に出演。
古舘キャスター(当時)とこんな会話をしていました。

当時の状況を、
「フォークソング側」~自分(吉田拓郎)
「芸能界側」~とジュリー(沢田研二)
にわけてみられていたが、、

「今日、断言します。僕はこっち(フォーク)側にいるべきじゃなかった。沢田研二を追いかけておけば良かったとつくづく思う」

ええええ、
確かに「結婚しようよ」「旅の宿」など、アウトロー的なところはないよね。
梓みちよに「メランコリー」、森進一に「襟裳岬」を提供。
本当は、ポピュラーに憧れていたのかも。

ということで、
年をとると、素直になれるね。

過去の記事はこちら
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.