人前で話す教える技術を磨きあう!

『プリンキピア』原理、普遍性の探究(7月5日)

    
\ この記事を共有 /
『プリンキピア』原理、普遍性の探究(7月5日)

●今日の「クイズ」は・・・
1687年7月5日。
『プリンキピア』が発刊された。
さて、著者は誰?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
アイザック・ニュートン

『プリンキピア』は、万有引力をはじめ、いわゆる、ニュートン力学を解説した本。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
『プリンキピア』(原理)

とくに、スゴイと思うのは、第3巻の内容です。

まず、第1巻と第2巻は「物体の運動について」書いてあります。
そう、いわゆる運動法則ですね。

これが、ニュートン力学の元です。

そして、第3巻は、
何と!

「世界の体系について」

きた~という感じでしょうか。

地球上の物体であれ、
太陽のまわりをまわる惑星であれ、
彗星であれ、
何であれ、
その位置は、「万有引力の法則」によって
「統一的」に説明できる。

こう、主張しているわけです。

まさに、原理。

この発想。
スケールの大きさ。

売上が大きいとか、人口が多いとかではなく、
普遍性の広大さ。

あこがれます。

 

 


この情報は「ライブ講師Ⓡ実践会」によって提供されています。

Copyright©ライブ講師®実践会,2021All Rights Reserved.