人前で話す教える技術を磨きあう!

【資料】喫煙率の国際比較 意外に高いあの国~WHO『世界保健統計2020年版』(5月31日)

  
\ この記事を共有 /
【資料】喫煙率の国際比較 意外に高いあの国~WHO『世界保健統計2020...

●今日の「クイズ」は・・・
今日5月31日は、世界禁煙デー(World No-Tabacco Day)
世界保健機関(WHO)が1989年に制定しました。
そこで、問題です。
次の国の中で、喫煙率が高い順に並べなさい。
日本 アメリカ イギリス ロシア 中国
ドイツ フランス イタリア ギリシャ 韓国

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え

WHO『世界保健統計2020年版』より
https://japan-who.or.jp/news-releases/2005-11/

ギリシャ   39.1%
フランス   34.6%
ロシア    28.3%
ドイツ    28.0%
アメリカ   25.1%
中国     24.7%
イタリア   23.4%
韓国     22.0%
日本     21.9%
イギリス   19.2%

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?

世界の平均値は、23.6%だそうです。
ちなみに、2020年版のデータは、WHO加盟国194の国と地域を対象としており、 数値は2018年時点。
あきらかに減少傾向にある。

男女別の喫煙率は、2019年版までは載っていた。
2016年時点のデータによると次の通り。
どの国でも男性の喫煙率が高いが、男女差は、国によって大きく違う。

それぞれ上記の国の男女別の喫煙率は、男性、女性、その差

ギリシャ   52.0% 35.3% 差16.7
フランス   35.6% 30.1% 差 4.5
ロシア    58.3% 23.4% 差34.9
ドイツ    33.1% 28.2% 差 4.9
アメリカ   男女別公開なし
中国     48.4%  1.9% 差46.5
イタリア   27.8% 19.8% 差 8.0
韓国     40.9%  6.2% 差34.7
日本     33.7% 11.2% 差22.5
イギリス   24.7% 20.0% 差 4.7

 

ちなみに、2021年の統計では、

「COVID-19の真の死亡者数:世界の過剰死亡率の推定」

https://www.who.int/data/stories/the-true-death-toll-of-covid-19-estimating-global-excess-mortality

がアップされています。

やはり、痛手は大きいようです。

 

 

 

話のネタを、毎日、無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.