ライブ講師®実践会

ジャンル別 ネタ検索

門外漢の哲学3:ヘラクレイトスさんとパルメディアスさん「変化と不変」

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

(シリーズ 門外漢の哲学)

今日は、2人セットで。

ヘラクレイトスさん(Herakleitos)と、
(BC535-475)
パルメディアス(Parmenides)さん。
(BC515-445)

2人とも、知名度では、ピタゴラスさんなどには負けてます。

 

だから、まとめて2人。

という訳ではないですが、、、
哲学者も、比較するとわかりやすいんです。

たとえば、タレスさんと、ピタゴラスさん。

タレスさんは、本質を「モノ」(水)に求めたのに対して
ピタゴラスさんは、本質を「情報」(数値)に求めた。

 

この、お2人は、

ヘラクレイトスさんは、「万物は流転する」
つまり、同じ状態のものは2度とない、という考え方。

「人は、同じ川に二度入ることはできない」
なんて名言を残しています。

いかにも、哲学者的でかっこいいなあ。
川は常に変化しているし、人も常に変わっている。

つまり、変化

に着目。諸行無常ということですね。

 

一方の、パルメディアスさんは、「見た目は違っても、あるものはある」という考え。
赤ちゃんとして生まれ、育ち、成人になり、やがて、老いて、白骨になろうとも、そこには、○○さんという人間が常にいる(在る)という考え方です。

つまり、不変

に着目。

こうした考えを繰り返しながら、ギリシャ哲学界は「存在とは」という命題を追いかけていたのです。

対象の中に、変化をみるのか、それとも、不変をみるのか。
これって、ビジネスでも同じですよね。

こうしたサイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

こちらの無料メルマガにご登録ください

Dr.Tera

「講師のネタ帳365」
毎日1ネタ
その日にちなんだ最新ネタを、
毎朝6時にお届けします。

 

【講師のネタ帳365】無料メールマガジン



 

今なら何と! メルマガ登録者全員に「オンラインで使える 1まいネタ ベスト10」をプレゼント。数分以内に、1通目のメール『【講師のネタ帳365】ご登録ありがとうございます』(差出人「寺沢俊哉/教える技術365 )が届くのでご確認ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2018 All Rights Reserved.