ライブ講師®実践会 提供

ライブ講師®実践会とは?

門外漢の哲学6:プラトンさん(BC427~BC347)「アイデア」の語源は、ここにあった!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

(門外感の哲学)
今日は、プラトンさんです。
(BC427-BC347)

プラトンさんは、
「イデア」を提唱した人。

そうこれって、
「アイデア」の語源となることば。

プラトンさんは言います。

「ソフィストの言うとおり、人によって物事の見方は変わる。
さらに、『善』のカタチも変わるかも知れない」

そうこの時代、弁のたつ、ソフィストによって「言い負かした方が勝ち」という世の中になってしまっていたのです。
プロタゴラスさんあたりが「人間は万物の尺度だ」なんて言ったあたりから、ギリシャは、相対主義=身勝手主義になっていってしまったのです。

そこに、登場したのがプラトンさん。
続けます。

「しかし、それぞれの主張する、たくさん『善』があったとしても、それは、だれかにとっての『善』であることが、我々にはわかる」

「すなわち、すべての『善』の基準となる『原型』があるのだ」

この『原型』を、イデアと呼んだのです。
これが「アイデア」の語源です。

動物の馬も、積み木の木馬も、あるいは、馬面の人も、、、

みんな「馬」というイデアを投影ししたものだ。
そんな考え方をしたのが、プラトンさんでした。

そして、ソクラテスさんの言葉をまとめて本にしたのもプラトンさん。
几帳面な方、体系的に思考する方だったのかもしれませんね。
(哲学者だから、当たり前だろ 笑)

サイトの記事や情報を、毎日確実に
あなたのお手元に、お届けします!

無料メルマガ
「講師のネタ帳365」


今なら、2大特典プレゼント付き

【特典1】2分で心をワシづかみ!
話のネタ帳ベスト10

【特典2】エクセルだから
まんま使える
「心に残る名言100」

この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2018 All Rights Reserved.