人前で話す教える技術を磨きあう!

七夕は、本来、織り姫と彦星伝説から生まれたものではない(7月7日)

    
\ この記事を共有 /
七夕は、本来、織り姫と彦星伝説から生まれたものではない(7月7日)

●今日の「クイズ」は・・・
7月7日は、七夕。
そもそも、その由来。

ご存知ですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
旧暦7月15日の夜に戻って来るものがあるそうです。
それは、祖先の霊。
その霊に着せる衣服を、毎年準備します。
織った服は棚に置いておきます。
それが本来の「棚機」(たなばた)だそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
え、じゃあ、織り姫、彦星はどうなってるの?
そもそも、7月15日って何なのよ?
そんな疑問ありますよね。

そうなんです。
まずは、日付の問題から。
昔は、7月15日だったそうです。
では、なぜ、7月7日、1週間前倒しになったのか。

その理由は、「仏教伝来」の影響だそうです。
仏教のお盆は、15日。
だから、行事として、1週間前に移動させられたようなんです(笑)

そんなものなんですね~

次に、織り姫と彦星。

こちら伝説は、後の時代に、中国の話と合体して創られたものらしい。
日本としては後付け理論なのですね。

この話を知っていると、伝説というのは「変化」するものだ!

と自信を持って言えるのではないでしょうか(笑)

 

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.