ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタ帳はこちら

七夕は、本来、織り姫と彦星伝説から生まれたものではない(7月7日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
今日は、七夕。
そもそも、その由来をご存知ですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
旧暦7月15日の夜に戻って来るものがある。
それが、祖先の霊。
その霊にに着せる衣服を準備する。
服を織って棚に置いておく習慣。
それが本来の「棚機」(たなばた)だそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
え、じゃあ、織り姫、彦星はどうなってるの?
そもそも、15日じゃないの?
そんな疑問ありますよね。

そうなんです。
昔は、7月15日だった。
では、なぜ、7月7日、1週間前倒しになったのか。

その理由は、「仏教伝来」の影響だそうです。
仏教のお盆は、15日。
だから、行事として、1週間前に移動させられたようなんです(笑)

そんなものなんですかね~

ちなみに、織り姫と彦星伝説は、後の時代に、中国の話と合体して創られたものらしい。
とはいえ、
今となっては、祖先との対話より星に願いを!

さて、どんな願い事をしましょうか。

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

「講師のネタ帳365」という無料メルマガを発行しています。こちらにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。話のネタが欲しい人、人前で話す・教える技術を磨きたい人にはピッタリですよ。まだ、お申込でない方は、よろしかったら、ぜひ!

過去の記事はこちら
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.