人前で話す教える技術を磨きあう!

門外漢の哲学4:プロタゴラスさん(BC490~BC420)「人間は万物の尺度だ」が悪い方に使われると。

    
\ この記事を共有 /
門外漢の哲学4:プロタゴラスさん(BC490~BC420)「人間は万物の...

(門外漢の哲学)
今日の哲学者さんは、

プロタゴラスさん。
(BC490-BC420)

「人間は万物の尺度だ」と言った人。

このことば、聞いたことありませんか?

では、それは、どんな意味か?

たとえば、気温が30度あるとする。

普通なら「熱いぜ」となるところです。

しかし、2018年に、40度近い熱すぎる夏を経験した私たちには、

今日は「30度で過ごしやすいね」
となる。

そう、「30度」を決めるのは、こちらの主観。

だから、どんな事象も、その人の尺度によって決まるものだ。
そんな風に、プロタさんは言ったわけです。

なんか、「認知心理」とか、「論理療法」とか、
「色めがねで観る」とか、「フレーム」とか、
同じような概念はありますよね。

そもそも、物質も、電子レベルになったら、
粒なのか波なのかわからないし、、、

「コップに水が半分」

「しか入っていない」のか?
それとも、

「も入っている」のか?

結局、対峙する人次第。
そんな考えの源流にあるのがプロタゴラスさん。

でもね。

この時代は、こ考え方が悪い方にいっちゃったんです。

「自分がそう思うんだから正しい」
という態度や、それを正当化する詭弁(レトリック)が流行りました。

それが、

「ソフィストの時代」
屁理屈で勝てば、それが正義。

こうして、ギリシャは「衆愚政治」になっていくのです。

 

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.