人前で話す教える技術を磨きあう!

163ゼタバイトの未来(2025年)「未来年表サイト」もご紹介しておきます。

  
\ この記事を共有 /
163ゼタバイトの未来(2025年)「未来年表サイト」もご紹介しておきま...

IDC Japanの予測によれば、全世界で発生するデータ量は、
2025年で、2016年比で10倍の
163ゼタバイト(163兆ギガバイト)になるらしい。

って、これってどんな規模だか想像できますか?
この手のデータは、ITや、IOTの未来を描くときに使われますが、、、
どんな世界なのでしょう。

もう少し、わかりやすく言うと、2025年時点での世界の接続機器の数は、
1500億台と言われています。
そのときの世界人口予測が、80億人なので、1人あたり、20台くらいの端末に囲まれている感じでしょうか。

それらの間で、情報が飛び交って、いろいろやりとりをするわけですね。

おそらく、暮らしぶりも変わるだろう。
1人ひとりにカスタマイズされた対応が可能になるだろう。
(アマゾン、ポチ!でこんなに何でも買えるなんて、20年前は想像していなかった)

より、便利になるんだろう。

さて、そこでだ。
この状況をどういかす?

直感的に思うのは、

逆張りで、情報デトックス
(情報をもたない生き方がおしゃれになる
「へ~、そんなこと知らないの?」(軽蔑)ではなく、
「へ~、そんなこと知ってるの?」(軽蔑)

なんてならないかな。

ちなみに、未来のことを調べるなら、
未来年表サイト。

https://seikatsusoken.jp/futuretimeline/

これ、見ていて楽しいですよ。

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.