ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタ帳はこちら

桜色の染め物は「花」でなく「枝」を使って染める

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら
桜色をつくっているのは、花でなく樹木の部分。
その証拠に、桜色の着物は樹液で染めるそうです。
しっかり根づいているからこそ、キレイな花が咲く。
なるほど。
人としての在り方を問われているようですね。
と、
ここまでは聴いたことがありました。
でもね。
実は、続きがあったんです。
 
それは、
キレイに染まる桜と、そうでない桜があるという事実。
化学染料をつかわない「夢細工」http://www.yumezaiku.com/
の職人さんがこんなことを言っています。
 
 
「ピンクに染まるとは、『若さがあって素直』であることがポイント。樹齢150年の桜でも『若さがあって素直』なものもあれば、4、5年の若木でも『若さ』も『素直さ』もない桜があります。まるで人間のようだと思うことがあります」
おや、おや、、、
さて、さて、、、自分はどうでしょう?
 
 
サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

「講師のネタ帳365」という無料メルマガを発行しています。こちらにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。話のネタが欲しい人、人前で話す・教える技術を磨きたい人にはピッタリですよ。まだ、お申込でない方は、よろしかったら、ぜひ!

過去の記事はこちら
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.