人前で話す教える技術を磨きあう!

「国立公園指定記念日」なんていう記念日があるのですが、、、(3月16日)

  
\ この記事を共有 /
「国立公園指定記念日」なんていう記念日があるのですが、、、(3月16日)

●今日の「クイズ」は・・・
3月16日は、国立公園指定記念日。
1934年3月16日。
内務省が3カ所を国立公園に指定しました。
それは、
瀬戸内海国立公園、雲仙国立公園、霧島国立公園。

西の方が多いですね。

そして現在。
全国で34箇所が指定されているそうです。

さて、ここで問題です。
日本の国土面積のうち、国立公園はどのくらいをしめているでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
日本の国土面積の約5.6%を占めている。
面積合計は211万ヘクタール。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
5.6%ってスゴクないですか?
だって、20分の1以上ですよ。
向こう三軒両隣。
20軒に1軒は国立公園(笑)

そんな感じです。

この数値をみて思ったことは、自分たちが普段意識している「宅地」は、国土全体からしたらほんの一部ということです。
日本は狭いと言われますが、そんなことない。
すごい面積の森林地帯があるわけです。
そして、ふだんは意識しない、広大な自然が日本の国土を守っています。

国立公園の一覧は、こちら(↓)
https://www.env.go.jp/park/parks/index.html

そもそも、国立公園、「国立」にする目的は、保護にあるのです。
国立公園法によれば、その地域の自然や景観などの保護を目的としています。
決して、観光地化することを目的としているわけではないのです。
なるほど!

 

 

 

 


この情報は「ライブ講師Ⓡ実践会」によって提供されています。

Copyright©ライブ講師®実践会,2021All Rights Reserved.