ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタ帳はこちら

今日は「求婚の日」 というのも、18世紀のあるエピソードがもとになっているです(1月27日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
今日1月27日に、生まれた天才的音楽家がいます。
それは、1756年のことです。

つくった曲数は、900曲以上。
みなさんご存じの「フィガロの結婚」も彼の作品です。

さて、だれでしょう?
フルネームで答えてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(ドイツ語: Wolfgang Amadeus Mozart)さん。
そう、モーツァルトさんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
フルネームって難しいですよね。
モーツァルトのエピソードはたくさんあるのですが、やはり、この話をご紹介しないわけにはいきません。
6才のときです。
ウィーンで、女帝マリア・テレジアの前で御前演奏をしました。
すごいですよね。6才ですよ。
そのとき、モーツァルトは広間でころんでしまったのです。
当時7才のマリア・アントニア(フランス語読みではマリー・アントワネット)が起き上がるのを助けてくれたそうです。
そのとき、すかさず、モーツァルトはマリア・アントニアに向かって言ったそうです。

「きみは優しい人だね、大きくなったら僕のお嫁さんにしてあげる」

やはり、天才は違う。
だから、今日は「求婚の日」でもあるんですね。

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

「講師のネタ帳365」という無料メルマガを発行しています。こちらにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。話のネタが欲しい人、人前で話す・教える技術を磨きたい人にはピッタリですよ。まだ、お申込でない方は、よろしかったら、ぜひ!

過去の記事はこちら
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.