人前で話す教える技術を磨きあう!

「それでも地球は回っている」16世紀の怪しいガリレオ(2月15日)

    
\ この記事を共有 /
「それでも地球は回っている」16世紀の怪しいガリレオ(2月15日)

●今日の「クイズ」は・・・
1564年2月15日生まれの方のお話です。
それが、ガリレオ・ガリレイ。
ガリレオが「地動説」を唱えたとき、時の権力キリスト教は「天動説」を支持していて、ガリレイを捕らました。

そして、ガリレオに聞いた。
「本当は、どちらなのか?」

ガリレオは答えた。
「はい、天動説です」

ええ~
「それでも、地球は回っている」って言い切ったんじゃなかったの?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
いいえ。その場では言いませんでした。

解放されたガリレオは、あとで弟子に聞かれたそうです。
「どうして本当のことを言わなかったんですか」

そして答えたのが、
「それでも地球は回っている」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?

なるほど。
それが、いつの間にか、変な武勇伝ぱく伝えられてしまったのですね。
そもそも、「それでも地球は回っている」
本当にガリレオがこれを言ったかどうかも怪しいらしいようです。。
もし、裁判中に言ったなら、本当に処刑されていたかもしれないですね。

実際、遡ること数十年前、ジョルダーノ・ブルーノという修道士がいました。
彼は地動説を擁護し、異端であるとされ火刑に処せられています。
残念ながら、ジョルダーノ・ブルーノの名前は知らなくても、ガリレオは知っている。
結局、残った者勝ち?

都市伝説認定!

こうした、都市伝説的な勘違いは、まだまだたくさんあります。

 

 


この情報は「ライブ講師Ⓡ実践会」によって提供されています。

Copyright©ライブ講師®実践会,2021All Rights Reserved.