人前で話す教える技術を磨きあう!

(絵本)うるうのもり

    
\ この記事を共有 /
(絵本)うるうのもり

大好きな絵本の1つ。
「うるうのもり」(小林 賢太郎)講談社

「あの森に行ってはいけません」

こうした先生のことばから、はじまる物語。
10才の「僕」が体験する異次元の世界は、まさに、演劇的です。

著者の小林賢太郎さんは、絵本作家ではなくて、
本業は、劇作家であり、パフォーマー。
「うるうのもり」も演劇として発表された作品なんです。

うるう年にしか公演されないというのもカッコイイ。

何より、僕と「うるう」が出会い、そこに流れる孤独感と誇り、そして、心のつながりが素敵です。

こうした、世界観を伝えられるのはすごいなあ。
演劇でも。
絵本でも。

こうした、すばらしい作品に出会うたびに、
「自分は、講師として、研修中にどんな世界観を伝えられているんだろうか」

と考えます。
もう一度、「世界観」について考えてみたくなりました。

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.