ライブ講師®実践会

会員のみなさんへ

(絵本)うるうのもり

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

大好きな絵本の1つ。
「うるうのもり」(小林 賢太郎)講談社

「あの森に行ってはいけません」

こうした先生のことばから、はじまる物語。
10才の「僕」が体験する異次元の世界は、まさに、演劇的です。

著者の小林賢太郎さんは、絵本作家ではなくて、
本業は、劇作家であり、パフォーマー。
「うるうのもり」も演劇として発表された作品なんです。

うるう年にしか公演されないというのもカッコイイ。

何より、僕と「うるう」が出会い、そこに流れる孤独感と誇り、そして、心のつながりが素敵です。

こうした、世界観を伝えられるのはすごいなあ。
演劇でも。
絵本でも。

こうした、すばらしい作品に出会うたびに、
「自分は、講師として、研修中にどんな世界観を伝えられているんだろうか」

と考えます。
もう一度、「世界観」について考えてみたくなりました。

 

こうしたサイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

こちらの無料メルマガにご登録ください

Dr.Tera

「講師のネタ帳365」
毎日1ネタ
その日にちなんだ最新ネタを、
毎朝6時にお届けします。

 

【講師のネタ帳365】無料メールマガジン



 

今なら何と! メルマガ登録者全員に「オンラインで使える 1まいネタ ベスト10」をプレゼント。数分以内に、1通目のメール『【講師のネタ帳365】ご登録ありがとうございます』(差出人「寺沢俊哉/教える技術365 )が届くのでご確認ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2020 All Rights Reserved.