人前で話す教える技術を磨きあう!

「宇宙船地球号」この言葉を聞いたとき、身震いしたのを思い出しました(3月18日)

    
\ この記事を共有 /
「宇宙船地球号」この言葉を聞いたとき、身震いしたのを思い出しました(3月...

●今日の「クイズ」は・・・
3月18日は、
「宇宙船地球号」
という言葉を、有名にした学者さんの命日です。
1993年に亡くなりました。
さて、どなたでしたっけ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
経済学者 ケネス・ボールディング さん

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?

「宇宙船地球号」
素晴らしい言葉ですね。

もともとは、バックミンスタフラーの言葉のようですが、この考え方を経済学にとりいれて有名にしたのは、ボールディングの功績ではないでしょうか。

本来、同じ船に乗っている私たち。
しかし、一方で戦争や環境汚染。
独裁や部分最適。
個人の利益、目先の利益を追求してしまう。

それって「人間の業」?

地球自体は、もちろん、人間だけのものでない。

地球46億才。
生物40億才。
ほ乳類3億才。
これにたいして、人類600万才。

ケタが1000倍ちがうので、もう相手にならない。

それでも「今」地球号の舵を取っているのは人類。
今日は、そんな責任感をもって、1日を過ごしてみるのはどうでしょうか。

 

 

 

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.