ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタはこちら

「ペンティアム」(Pentium)ってどんな意味?(3月22日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
1993年3月22日。
インテル社が、はじめて、ペンティアムプロセッサ(64ビット 60MHz)を発売した。
いまだと、core i3 i5 i7 i9 あたりがメジャーですが、その前に一世を風靡したのが、ペンティアムでした。
で、ペンティアムって、どんな意味

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
「5」を意味するギリシア語のPentaと、
「要素」を表すラテン語のiumからPentiumと造語。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?

ペンティアムは、同社のプロセッサであるi486の後継製品。
当初は、i586という名称が予想されましたが、短い数字とアルファベットでは商標として認められなかったそうです。
そこで、ブランド名として確立するために、「5」を意味するギリシア語のPentaと、「要素」を表すラテン語のiumからPentiumと造語。
ここから、部品メーカーとしてのブランド戦略が加速していくのですね。

そして、これと前後して「インテル入っている」のCMが、頻繁に流されるようになりました。

そう、話題のショーンKの声とも言われている、あれです。

こちらを確かめたい方は、
https://www.youtube.com/watch?v=mXjbudiVNc0
(音が出ます)

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

「講師のネタ帳365」という無料メルマガを発行しています。こちらにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。話のネタが欲しい人、人前で話す・教える技術を磨きたい人にはピッタリですよ。まだ、お申込でない方は、よろしかったら、ぜひ!

過去の記事はこちら
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.