ライブ講師®実践会 提供

ライブ講師®実践会とは?

【3月21日 今日は何の日】ピーター・ブルック

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
1925年3月21日。
今日は、ピーター・ブルックさんの誕生日。

映画「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古」を観て感激しました。
http://www.peterbrook.jp/
この方、ご存じ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
ピーター・スティーヴン・ポール・ブルック(Peter Stephen Paul Brook CH CBE、1925年3月21日 – )
イギリスの演出家、演劇プロデューサー、映画監督。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
ピーター・ブルックは「教える人」として素晴らしい思います。
考えを知ってもらうために、彼の言葉を紹介します。

「芝居とは、普通を演じることだ」
演技は判断やコメントを加える作業とは違う。常に自分自身の中でリアリティを追求する作業なんだ。

「感動は長く続かない」
役者が動き出せば装飾は邪魔になる。人はなにか意味を”匂わされる”方が展開を期待し興味を持ち続けられる。幕が開いた瞬間あとの展開は見えてはダメだ。ワクワクさせるんだ。

「終わりは、終わりではない」
あまりに早く終わり方を決めてしまうと、人は探求をやめてしまう。自分自身の可能性が失われてしまうのだ。大事なのは終わりには、終わりがないということ。

「基準を上げる」
このワークショップ(綱渡り)で役者が達成したのは「技術を習得した」とか、「もう安心して演技ができる」と感じることではない。
「自分はかつてないほど豊かな真理に直面した。それを糧とするには自分の基準を引き上げ、さらなる努力が必要なんだ。」と気づくことだ。

ね、スゴイでしょ。

サイトの記事や情報を、毎日確実に
あなたのお手元に、お届けします!

無料メルマガ
「講師のネタ帳365」


今なら、2大特典プレゼント付き

【特典1】2分で心をワシづかみ!
話のネタ帳ベスト10

【特典2】エクセルだから
まんま使える
「心に残る名言100」

この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2018 All Rights Reserved.