ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタはこちら

ちょっと卑怯な?義経の話 一騎打ちの時代の終焉は「壇ノ浦の戦い」から(3月24日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
1185年3月24日、長州沖の壇ノ浦で、源義経が率いる源氏軍が平家軍を破り、平家一門が滅亡した。
その際の行動が、ちょっと卑怯?
当時の歴史書では、バッシングされているのですが、それはどんなところでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
この時代までは、正々堂々の勝負がよしとされていました。
武将同士、一騎討ちなどで戦った時代です。
しかし、義経は戦船の漕ぎ手を狙った。
これは当時の常道を反するもので、実際に味方からも批判の声が強かったそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
これが、いわゆる「壇ノ浦の戦い」。
鎌倉時代へとうつっていく転換期ですね。
武士が政治を行う時代となっていきます。
そして、これ以降は策略が当たり前になります。
楠木正成や大田道灌などが、当たり前のように伏兵などを仕込み、謀略を駆使して戦う時代へ入っていくのです。

「武士道」という言葉が生まれるのは、もっと後の、江戸時代のことなのです。

ルールは勝者がつくる。
歴史も勝者がつくる。

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

「講師のネタ帳365」という無料メルマガを発行しています。こちらにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。話のネタが欲しい人、人前で話す・教える技術を磨きたい人にはピッタリですよ。まだ、お申込でない方は、よろしかったら、ぜひ!

過去の記事はこちら
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.