ライブ講師®実践会 提供

ライブ講師®実践会とは?

【4月6日 今日は何の日】「きみのバラをかけがえのないものにしたのは、きみが、バラのために費やした時間だったんだ」って誰の言葉?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
「きみのバラをかけがえのないものにしたのは、きみが、バラのために費やした時間だったんだ」
さて、だれの言葉でしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
『星の王子さま』
1943年4月6日。
サン・テグジュペリの『星の王子さま』がニューヨークで刊行されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
大切なことに時間をかけていますか?

そう言われて、100%ハイ!と答えられる自分でありたい。
まだまだ、だけどね。
この言葉、本の中では、キツネが王子さまに教えているセリフ。
「きみのバラをかけがえのないものにしたのは、きみが、バラのために費やした時間だったんだ」

王子さまは一本のバラを星に置いてきた。
それはバラのわがままに耐えられなくなったから。
そして、地球にやってきたら、バラなんてたくさんある。
「バラはこんなにあったんだ!」と知って悲しくなります。
しかし、王子さまは気づきます。
何千本ものバラが咲いていても、自分の星のたった一本のバラには到底かなわない。
それに気づいた王子さまに対して、キツネが言った言葉がこの言葉。

大切にするもの「自分が源泉」。

サイトの記事や情報を、毎日確実に
あなたのお手元に、お届けします!

無料メルマガ「講師のネタ帳365」


今なら、2大特典プレゼント付き
【特典1】2分で心をワシづかみ!
話のネタ帳ベスト10

【特典2】エクセルだから
まんま使える
「心に残る名言100」

この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2018 All Rights Reserved.