人前で話す教える技術を磨きあう!

「国際連合」加盟記念日。ところで「国際連盟」と「国際連合」ってどう違うの?(12月18日)

    
\ この記事を共有 /
「国際連合」加盟記念日。ところで「国際連盟」と「国際連合」ってどう違うの...

●今日の「クイズ」は・・・
1956(昭和31)年12月18日は、国連加盟記念日
日本の国際連合加盟案が全会一致で可決され、国連加盟が承認されました。
戦後10年以上たったところでした。

さて、ここで問題です。
第一次大戦後につくられたのが国際連盟
第二次大戦後につくられたのが国際連合。

「盟」と、「合」
1文字違いですが、これらの団体、英語ではそれぞれ何というのでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
国際連盟 League of Nations
国際連合 United Nations

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
どちらも、国際 international が入っていないんですね。

どちらも「集まり」という感じですね。

「宇宙船地球号」みたく、
地球全体を俯瞰して!という感じがあるといいと思うのですが。

よくか考えてみると、日本語の「国際」も、

「国」の「際」(きわ)。
国境をイメージしませんか。名は体を表す。
やはり、それぞれが自国中心なんですよね。もともとは。

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.