人前で話す教える技術を磨きあう!

「敬」の意味~REDの原則 Respect「敬」の真意とは

  
\ この記事を共有 /
「敬」の意味~REDの原則 Respect「敬」の真意とは

ライブ講師(R)実践会で大切にしてる「REDの原則」1つめの「R」は Respect「敬」のこと。
そこで「敬」の語源を探ってみた。

「敬」ヘンの部分は、神に対してひざまづいている人を表している。
ツクリの部分は、木の枝で「打つ」ことを表している。
あわせると「小枝で打たれながら、神様にお祈りする古代の儀式」の風景。
ちょっと怖い感じです。
神への畏敬の念からきている字なのですね。

一方、英語の「Respect」は、「re」「spect」二度見しちゃう~という感じ。
「一目置いている」「重視する」という感じに近い。

強さの度合いは違うようですが、「一人ひとりの人、1つひとつのもの、一つひとつの出来事を大切にする」という意味では共通しています。

ライブ講師(R)実践会では、参加者はもちろん、関係者の方々や、道具や環境にも、敬意をもって接しよう。「すごいなあ~」という気持ちで、すべてに関わろうとお伝えしています。

もちろん、自分に対しても!ですよ。

 

 

話のネタを、毎日、無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.