ライブ講師®実践会

会員のみなさんへ

宇宙の石。「イトカワ」って、そもそもどこにあるの?(11月26日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
2005年11月26日、惑星探査機「はやぶさ」が、月以外の天体から、岩石等をはじめて採取した。
さて、どの星のものでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
小惑星「イトカワ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
「イトカワ」って、どこでしたっけ。
すぐ思いつかないかたも多いのではないでしょうか。
かくゆう、ぼくもその一人。

イトカワは、地球近傍小惑星。
地球と火星の間くらいを回っているんですね。

水金地火木土天海冥と覚えているあなた。
実は、その間にも小さな惑星が散在しているのです。

 

太陽と地球の距離が、1億5000万キロ(半径)。
太陽と火星の距離が、2億3000万キロ(半径)。

だから、地球と火星の間は、約8000万キロの距離。
このほぼ、この間をまわっている。

地球から月までの距離が、38万キロだから、かなり、スカスカ。
そして、糸川の半径は、、、
何と、平均160メートルしかない。
もう、ツブですよ。ツブ。

命名は、日本のロケット開発の父・糸川英夫の名前から。
こんな惑星にピンポイントで着陸して、岩石等を持ち帰ったハヤブサに、再度、敬意を表します。

 

 

こうしたサイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

こちらの無料メルマガにご登録ください

Dr.Tera

「講師のネタ帳365」
毎日1ネタ
その日にちなんだ最新ネタを、
毎朝6時にお届けします。

 

【講師のネタ帳365】無料メールマガジン



 

今なら何と! メルマガ登録者全員に「オンラインで使える 1まいネタ ベスト10」をプレゼント。数分以内に、1通目のメール『【講師のネタ帳365】ご登録ありがとうございます』(差出人「寺沢俊哉/教える技術365 )が届くのでご確認ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2020 All Rights Reserved.