人前で話す教える技術を磨きあう!

教えてテラさん~実習の振り返りをもっと深いものにしたい

    
\ この記事を共有 /
教えてテラさん~実習の振り返りをもっと深いものにしたい

◆実習の振り返りをもっと深いものにしたい◆

(Q)チームビルディングの研修で実習(定番のタワーなどのゲーム)を活用して、そのふりかえりから学びを引き出しています。満足度も高く気づきも多いのですが、終了後のアンケートの中で「考えていることの延長線だった」という自由回答がありました。どうしたらいいでしょうか。

(A)こんな話があります。

参加者にとって知っている話をしたとしても、

普通の講師に対しては、「そんなこと知っていたよ」

尊敬する講師に対しては「私の考えはあっていた」

同じことなんですが、参加者自身の認識が違っているんですよね。。。

う~ん。ではどうしたらいいか。

答えは、尊敬されるようになるには、一朝一夕では難しいので、ライブメソッド(R)をベースに日々努力を続けることが一番です。以上!

いやいや、これでは回答になりませんね(笑)

そこで、もう1つ。

このケースのお話を聞いていたら、実習のあとのふりかえり時間があまりとれなかったようですね。

ぜひ、お願いしたいことがあります。それは、

一般的な気づきのあとに、

「今のことを、職場におきかえたら、どうなるでしょうか」

これを入れてほしい。

例えば、「サンキューカード」を導入しよう。

研修の中では、みんな協力的。

「では、サンキューカードを、我が社に、うまく導入できそうですか」

もちろん。YESの人もいる。

でも、「いや~うちの社風だと、、、とか、〇〇さんは絶対書かない、、、とか」

よりリアルな話が出てきます。

これが大切なんです。

そういう現場の状態に寄り添い、どうしたらいいかを一緒に考えていくのが、ライブ講師(R)

単なるスキルを超えた、マインド部分にふれることができます。

表面的なスキルだけマスターしても、実践では使えない。

マインドの大切さだけを理解しても、行動にはつながらない。

「スキルを通して、マインドを扱っていく」

これがとても大切なんです。

自分のテーマがその場で扱われたら、

「考えていることの延長線だった」ではなく、

「考えたいたことの解決の糸口が見えた」に変わるはずです。いかがでしょうか。

 

毎日、話のネタを無料配信中。



Copyright©ライブ講師®実践会,2019All Rights Reserved.