人前で話す教える技術を磨きあう!

魂がこぼれそう(ことばのご馳走)

  
\ この記事を共有 /
魂がこぼれそう(ことばのご馳走)
高橋書店2020年手帳大賞をとった言葉です。
作者:島田 淳子さん(45歳会社員)
作者コメント:
猫の手も借りたいほど接客業務に追われていた私たち。ふとした瞬間に一度だけ同僚が立ち止まって深呼吸。これは息を吐いたときに放たれたひと言です。
私たちの活動には魂が宿っているのだなぁ!と、気づかされ、神聖な気持ちになりました。
この表現、それぞれ自由に捉えられますね。
さて、あなたの魂はこぼれそうになったこと、ありますか?
 
 
 
 
 
 
 

話のネタを、毎日、無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.