人前で話す教える技術を磨きあう!

日本初の◯◯◯◯建築は海外で建てられた。そこで起きていたドラマとは?(1月29日)

    
\ この記事を共有 /
日本初の◯◯◯◯建築は海外で建てられた。そこで起きていたドラマとは?(1...

●今日の「クイズ」は・・・
1957年、日本の南極観測隊がオングル島に上陸し、この日、昭和基地を設営しました。
さて、このとき「日本初」のあることが実現しました。さて、それは何でしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
プレハブ建築。
建物は5棟。そのうち4棟が木製パネルの組立式家屋、日本初のプレハブ建築が、これだったそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
当時の設備では、南極で冬を越すことは命がけで、もちろんその間は日本に帰ることはできません。
日本と南極をつなぐ唯一の手段はモールス信号。
一般の人が電報を送るのは経済的に厳しかった時代、ある隊員の妻が、最小限の文字数で年賀電報を送ったそうです。その文面をみた隊員たちは、おもわず涙が。

そこには、たった3文字。
「アナタ」
奥さんの思いに、仲間のみんなも感動したそうです。

そして、この話。後日談があるそうです。
どうやら、奥さんは、旦那のお酒の飲み過ぎをいさめようとして送ったらしい。だから、飲み過ぎの情報を聞いて、「プンプン」という電報も送ったといわれています。
いずれにしても、愛情あふれる情報。
制約があった時代だからこその、濃いコミュニケーションですね。
言葉をもっと大切にしたいと思いました。

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.