人前で話す教える技術を磨きあう!

地図は土地ではない The map is not the territory.(4月19日)

  
\ この記事を共有 /
地図は土地ではない The map is not the territo...

●今日の「クイズ」は・・・

The map is not the territory.

地図は土地ではない。

さて、どんな意味でしょう。
ちょっと考えてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
これは、NLPという実践心理学でよく語られることばです。

意味は・・・

事実(土地)は、一人一人の経験や世界観によって、認識、解釈され、それぞれ別のもの(地図)になる

ということです。

たとえば、道に興味がある人なら、道路地図こそが実態を表していると思うでしょうし、ハイキングが好きな方は、等高線こそが事実を表していると思うかもしれません。
同じものを見ていて体験していても、一人一人の感じ方は違います。

ということで、今日4月19日は、地図の日。
1800年の今日、伊能忠敬が蝦夷地の測量に出発したことから記念日となったそうです。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?

この文章を読んでいる今。
ちょっと耳をすませてください。

どんな音が聞こえているでしょうか。
よ~く聞いてみてください。

さあ、そう言われてみると、「音」に意識をもちはじめたのではないでしょうか。それまで、一切忘れていてもです。

確かに、土地に対してどんな地図を描くかは、その人次第なのですが、このように「問い」を投げかけることによって、その部分に意識をむけさせる方法があります。

講師は、このように、質問によって参加者をリードします。
直接「耳をすませなさい」というよりも、スマートで効果的ですよね。

 

 

話のネタを、毎日、無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.