ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタはこちら

日本初の特許取得者は、彫刻家だった!「特許法」が公布された今日は「発明の日」(4月17日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
堀田瑞松(ずいしょう)さん(1837年5月16日生まれ)は、東京の木竹彫刻家です。
お名前、お聞きになったことありますか。
堀田さんは、漆をつかって、ある塗料を発明しました。
そしてそれが、なんと!

日本初の特許取得となったのです。

では、「ある塗料」とは何でしょう。
その用途は何でしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
「堀田式錆止め塗料」
漆をベースにしたこの塗料。
実は、軍艦に塗装してさびを防ぐものだったんです。

1885年4月18日に、現在の特許法の前身である「専売特許条例」が初代特許庁長官を務めた高橋是清らによって公布され、数ヶ月後、8月14日に「堀田式錆止め塗料」が日本の特許第一号として認められたのです。

4月18日は、特許公布日にちなんで「発明の日」になっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
堀田瑞松さんは、もともと、刀の鞘を漆で塗装する職人「鞘塗師」の子として生まれたそうです。
最初は「職人」ですね。
その後、「アーティスト」の道を突き進み、彫刻で有名になったのです。
作品は、ときの孝明天皇に献上され、そこで、名前に「瑞」という字を賜ったそうです。
すごい人ですね。

そして、そうしたアーティストが、今度は「エンジニア」的視点、「ビジネスマン」的視点から、
塗装の機能を工夫すれば、日本の船舶が高く売れることに着目して、錆止め塗料を開発。
その特許を取ったのです。
すばらしい。

ついつい、「自分は○○の人」というように、年齢とともに、規定したくなりますが、そんなことはない。
お互い、まだまだ、いろんな分野に挑戦していきましょう。

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

「講師のネタ帳365」という無料メルマガを発行しています。こちらにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。話のネタが欲しい人、人前で話す・教える技術を磨きたい人にはピッタリですよ。まだ、お申込でない方は、よろしかったら、ぜひ!

過去の記事はこちら
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.