人前で話す教える技術を磨きあう!

気象予報士、その合格率はどの程度でしょう(8月28日)

    
\ この記事を共有 /
気象予報士、その合格率はどの程度でしょう(8月28日)

●今日の「クイズ」は・・・
1994年8月28日、第1回の気象予報士国家試験が行われました。
ここで問題です。
初回の合格率はどのくらいだったでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
18%。
最近の合格率は、何と5%以下だそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
「18%」って、合格率、多いのか少ないのか?
数字は読み取るのが難しい。
そこで、最近の国家試験の合格率を調べてみました。

弁護士(予備試験)19%
公認会計士(短答式)17%
税理士 18%
弁理士(最終合格率)10.5%
司法書士(最終結果)4%
医師 90%
・・・
ちなみに、気象予報士は、
初年度合格率が、18%だったのに対し、以後、
12%、10%、10%、8%、5%、8%、5%・・・
以降、5%が続いています。

2019年1回目 4.5% 2回目 5.8%
2020年1回目 5.8% 2回目 5.6%

難しくなったのか、受験者層が変わったのか。
それとも、資格をとるなら初年度がよいということでしょうか。

 

 

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.