ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタ帳はこちら

大事故の日。そしてその32年後、さらなる大事故が起きることになります(3月28日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
1979年3月28日。
アメリカ・ペンシルベニア州で、世界的大事故が起きました。
さて、それは何だったでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
スリーマイル島原発で炉心溶融事故が発生しました。
これが、世界初の原発事故でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
スリーマイル。
チェルノブイリ。

当時は、対岸の火事だったかもしれません。

そして、福島、2011年。
悲惨な事故から、私たちは何を学んだのだろうか。

当時、東電が、社内マニュアルにある炉心溶融(メルトダウン)の判断基準に「気付かず」公表が遅れた。

東電は2015年12月、新潟県の技術委員会に対して、炉心溶融の判断が遅れた理由を「判断する根拠がなかった」と説明している。
ところが、新潟県が経緯の説明を求めたことを受けて、東電が改めて社内調査を行ったところ、一転。
16年2月になってマニュアルの記述を「発見」した。

本来なら、事故から3日後には「メルトダウン(炉心溶融)」が起きたことを発表できていた。
それが、5年たって「気がついた」
次は、どうなのだろう。

これが人間の性だとしたら、、、
ぞっとする。

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

「講師のネタ帳365」という無料メルマガを発行しています。こちらにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。話のネタが欲しい人、人前で話す・教える技術を磨きたい人にはピッタリですよ。まだ、お申込でない方は、よろしかったら、ぜひ!

過去の記事はこちら
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.