人前で話す教える技術を磨きあう!

大事故の日。そしてその32年後、さらなる大事故が起きることになります(3月28日)

  
\ この記事を共有 /
大事故の日。そしてその32年後、さらなる大事故が起きることになります(3...

●今日の「クイズ」は・・・
1979年3月28日。
アメリカ・ペンシルベニア州で、世界的大事故が起きました。
さて、それは何だったでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
スリーマイル島原発で炉心溶融事故が発生しました。
これが、世界初の原発事故でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
スリーマイル。
チェルノブイリ。

当時は、対岸の火事だったかもしれません。

そして、福島、2011年。
悲惨な事故から、私たちは何を学んだのだろうか。

当時、東電が、社内マニュアルにある炉心溶融(メルトダウン)の判断基準に「気付かず」公表が遅れた。

東電は2015年12月、新潟県の技術委員会に対して、炉心溶融の判断が遅れた理由を「判断する根拠がなかった」と説明している。
ところが、新潟県が経緯の説明を求めたことを受けて、東電が改めて社内調査を行ったところ、一転。
16年2月になってマニュアルの記述を「発見」した。

本来なら、事故から3日後には「メルトダウン(炉心溶融)」が起きたことを発表できていた。
それが、5年たって「気がついた」わけです。

これが人間の性だとしたら、、、
ぞっとしませんか。

 

 

 

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.