人前で話す教える技術を磨きあう!

【書籍】マイケルさん 定番の「トロッコ問題」を1000人規模で行う(3月5日)

  
\ この記事を共有 /
【書籍】マイケルさん 定番の「トロッコ問題」を1000人規模で行う(3月...

●今日の「クイズ」は・・・
1953年3月5日が、
あの、マイケルさんの誕生日なんですね。

え?
どの、マイケルさん?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
マイケル・サンデルさん。
アメリカ合衆国の哲学者、政治哲学者、倫理学者。ハーバード大学教授。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
ご存じでしたか。
マイケルサンデルさん。

「ハーバード白熱教室」NHK教育テレビ(2010年)で、一躍話題になり、著書「正義」がベストセラーになりました。

サンデルさんが行っている講義スタイル、いわゆる、ファシリテーション的な講義は、ビジネス研修の分野ではよくあるカタチで、ぼくも取り入れています。
ただ、すごいのは、それを千人規模でやっていることですよね。
倫理の教科書に出てくる、いわゆる「トロッコ問題」も、この人数でやると大迫力です。

ちなみに「トコッロ問題」とは、こんな内容。

トロッコ問題

あなたは、機関車の運転手。不可応力でブレーキがきかず暴走してしまった。
前を見ると、線路の先には5人立っていて、このままではひき殺してしまう。
絶体絶命。
そう思ったとき、その手前に線路の分岐点が見えた。
もし、ここで分岐点を操作すると、5人をひき殺すことは防げる。
しかし、
分岐点の先にいる、1人をひき殺してしまう。
さて、このときあなたが運転手だったら、あえて、分岐点の操作をするだろうか。

悩ましい決断ですね。
価値観が問われます。

DVDつき書籍(アマゾン)はこちら。

5000人の白熱教室

 

 

 

 

 

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.