ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別ネタ検索・サイト説明

人前に立つとき、視線はどこにむけたらいいでしょうか?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

【Q】人前に立ったとき、視線はどこにむけたらいいでしょうか。

【A】原則は、参加者一人ひとりを見るとよいでしょう。
「人前で話す・教える技術」の、P185
(ライブメソッド32)をご覧下さい。

漠然と全体を見るというのは、どこをみていいのか、わからなくなります。
だから、だれでもいいので、だれか1人に語りかけるつもりではじめましょう。

このとき、笑顔とともに「大好き」の気持ちを届けることが大切です。

「この人と学べてうれしい。この人が大好き。その人は尊敬できる」
そんな言葉を思い浮かべながら、アイコンタクトします。

ただ、ずっと1人だとおかしいですよね。
だから、文章の区切りで、次の人に視線を移すとよいでしょう。

会場が広いとき、大勢の方がいるときはどうしたらいいかという質問もよく受けます。
基本は、同じです。
ただ、まんべんなくみるために、
後ろの左、
後ろの右
真ん中
前の左、
前の右
といったようにゾーンでわけて、その中から1人ずつ、計5人を選んで話しかけるとよいと思います。

30人でも、100人でも、1000人でも、、、
5人に話しかける!と思えば、わりとやりやすいと思いませんか?

その5人に順番に話しかけていく。
そんなやり方をしています。

サイトの最新記事を、もれなくゲットするメルマガは・・・



「講師のネタ帳365」という無料メルマガにご登録いただくと、サイトでご紹介している新着記事が、あなたのメルアドに直接届きます。


ライブ講師Ⓡ実践会にご興味を持っていただいた方は・・・

人前で話す・教える技術を磨きあう!

 

過去の記事はこちら
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.