人前で話す教える技術を磨きあう!

「今年の年末ジャンボは1等7億円が23本!」って、どういうことか(ギャンブルと確率の話)

    
\ この記事を共有 /
「今年の年末ジャンボは1等7億円が23本!」って、どういうことか(ギャン...

「今年の年末ジャンボは1等7億円が23本!」

よく聞きますが、まずこれは、あくまで、1000万通りから構成される1ユニットが、23セット販売された場合の本数なんですね。
そして、仮に、1000万通り売れたとして、その中で、

1等   7億円 1本
1等の前後賞  1.5億円 2本
1等の組違い 10万円 199本
2等    2000万円 3本
3等    100万円 100本
4等    10万円 2000本
5等     1万円 4万本
6等    3000円 200万本
《2019年末ジャンボ宝くじ》

ということは、、、、
300円で、1000万枚買い占めるには、とりあえず、30億円の資金が必要です。
23ユニット買い占めるとしたら、690億円必要です。
お持ちですか?(笑)

で、冷静に計算すると、1ユニット買い占めたとして、
30億円の投資。
リターンは、上記1等~6等までの金額合計ですから、
18億3990万円
単純に、11億6010万円の損失となるわけです。

30億円投資できるお金もちが、宝くじを買うわけはありません。
しかし、
3万円なら払える庶民は、平均して11600円くらい、むしり取られるわけです。

競輪競馬は、いけないと言っている人も、つい、宝くじは・・・
でもね。
本当は、もっとも買ってはいけないギャンブルなのです。

反対に言えば、胴元になればもっとも美味しいビジネスです。
どちらの立場に立つか?
それが大切ですね。

話のネタを、毎日、無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.