人前で話す教える技術を磨きあう!

心のクリスマスプレゼント【魂のエピソード】

    
\ この記事を共有 /
心のクリスマスプレゼント【魂のエピソード】

以前、ネットを検索していた時にみつけたエピソード。
毎年思い出します。
クリスマスの日にぜひ。

 

6歳の娘が、クリスマスの数日前から欲しいものを手紙に書いて、窓際に置いている。

何が欲しいのかなあと、夫と一緒に、キティちゃんの便箋を破らないようにして、そうっと手紙を覗いてみた。

こう書いてあった。
「サンタさんへ おとうさんのガンがなおるくすりをください! 」

夫と顔を見合わせて、苦笑いした。

夫は、娘が好きなキャラクター人形と
「ガンがなおるおくすり」と書いた、普通の粉薬を入れておいた。

朝、娘は「きゃ~」って嬉しい声を上げなたら、朝食を食べているる夫の元に駆け寄った。
「ねえ! サンタさんから、お父さんのガンが治る薬をもらったの! 早く飲んでみて!」

夫は、薬を飲みながら、
「お~ 体の調子が、だんだんと良くなってきたみたいだ」と言うと、
娘は、「ああ! 良かった~。これでお父さんとまた、山にハイキングに行ったり、動物園に行ったり、運動会に参加し
たりできるね~」
夫は、笑顔をつくりながら、声を押し殺すように「くっ、くっ」と泣き始めた。

私も貰い泣きしそうになったけれど、なんとかがまんして、鍋の味噌汁をオタマですくって、無理やり飲み込んだ。

夫は、「薬の効き目で涙が出てるんだ」
と言い訳をしてた。

娘が、隣の子に人形をもって遊びに行った後、夫が言った。

「来年はお前がサンタさんだ。しっかり頼むぞ」

毎日、話のネタを無料配信中。



Copyright©ライブ講師®実践会,2019All Rights Reserved.