人前で話す教える技術を磨きあう!

幼稚園児の推移は、1978年をピークに一貫して減少 保育園児は盛り返し?

  
\ この記事を共有 /
幼稚園児の推移は、1978年をピークに一貫して減少 保育園児は盛り返し?

文部科学省が毎年実施している調査 「学校基本調査」

幼稚園児などの動向をみてみると、1978年、250万人をピークに一貫して減少している。
2018年度は、121万人と半分以下である。

日本の人口が減少中であることは理解しているつもりだが、こうして、ピンポイントでみていくと、それをとても実感する。

保育園のデータが無いのは、幼稚園が「教育施設」(文部科学省)であるのに対し、保育園は「児童福祉施設」(厚生労働省)であるからだ。
お役所の方々は、これらをあわせて議論することがあるのだろうか。

ちなみに、保育園児数は次の通り。

昭和55年(1980年)の、200万人をピークに減少してきていたが、平成7年(1995年)をボトムに増加に転じている。
平成15年(2013年)で、205万人。その後、平成30年(2018年)には、261万人に達している。

自分(50歳代のおっさん)の頃は、幼稚園に通っている子の方が多かったが、今や、
幼稚園児 121万人、保育園児 261万人の時代なんですね。

女性の社会進出に伴う変化といえるのかもしれないけれど、否応なしに、子供を預けて働かなければならない状況なのだとしたら、ちょっと嫌だ。

いずれにせよ、次の日本を背負って立つ世代。頑張ってほしい。

話のネタを、毎日、無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.