人前で話す教える技術を磨きあう!

実は、○○の日なんですよ!今日は(5月5日)

  
\ この記事を共有 /
実は、○○の日なんですよ!今日は(5月5日)

●今日の「クイズ」は・・・
5月5日は何の日でしょう。

って、「こどもの日」ですよね。

では、それ以外には

今日は「○○の日」なんでしょうね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
「わかめの日」
日本わかめ協会が1983年に制定したそうです。
「こどもの日」だから、子供の成長に欠かせないミネラル、カルシウム等を含んだわかめをたくさん食べてもらおう。

はい。ムリ筋です。
知らないですよね(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?

やはり、こじつけで、ムリがあるアイデアは、広まりません。

というか、
あまりに大きなイベント(こどもの日)にぶつけるのは難しいのではないでしょうか。

それであれば、そのイベントに乗った方が得策ですね。

今日の教訓は、戦う相手を間違えない。
これにつきます。

ちなみに、友人でクリスマスイブが誕生日の人は、やはり嘆いてましたが、それはちょっと意味がちがうかもしれません。

で、せっかくなので、なぜ、子供の日は「鯉のぼり」なのか。
こちらの方が興味ぶかいので調べてみました。

端午の節句が、五節句の1つとされ定着したのは江戸時代。
当時の庭に立てられていたのは、鯉のぼりではなく「武者のぼり」だったそうです。
「武者のぼり」の起源は、戦国武将の「旗指物」。
そう、合戦のときに掲げている、あの旗のことです。
もともと、室町時代末期の武家社会では、「旗指物」を端午の節句に飾る風習があったようです。

その後、
江戸中期には、「武者のぼり」に「鯉の滝登り」の図柄が描かれるようになります。
ていました。
さらに、小さな「鯉の小旗まねき」がつくられるようになります。
鯉のカタチをした小さな旗ですね。

そして、これだけが独立して「鯉のカタチの旗」となりました。
ただし、今のような立体型の鯉のぼりいなったのは、明治以降だそうです。

伝統ですから、むりに変化させることはありませんが、ゆっくりとした進化ですね。
そのうち、バーチャルになったら、鯉もポールから離れて、新しい形として登場するかもしれませんね。
(すでに、のぼりではなくなる?)

 

 

 

こうした、話のネタを無料配信中
無料メルマガ「講師のネタ帳365」



Copyright©ライブ講師®実践会,2022All Rights Reserved.