ライブ講師®実践会 提供

ライブ講師®実践会とは?

【6月25日 今日は何の日】ガウディー・コード

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
その建物は、設計者が亡くなってから100年近く経つのに、今も建設中なのです。
さて、その建物の名前は?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
サグラダ・ファミリア(カタルーニャ語: Sagrada Familia)
スペインはバルセロナのシンボル的教会。
設計者は、そう。
あの、アントニ・ガウディ(カタルーニャ語:Antoni Placid Guillem Gaudi i Cornet)。
1852年の今日、6月25日に生まれました。
そして「ガウディー・コード」というのがあるらしいんですが、、、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
おかしいですよね。
こんな作り方。
実は、ガウディーは、当時それほど有名でなかったそうです。
それなのに、任せられた。

その上、この教会は、バシリカと呼ばれる、カトリックにおける上位教会に認定されている。でも、祭壇の構造はバシリカの定義に反していて、普通なら認定されないそうです。

では、なぜつくられ続けているのか。

それは教会が公開したくない秘密が有り、それを隠すために管理下においた。
なんて、都市伝説があります。

それが、「ガウディーコード」(暗号)

例えば、建物には、魔方陣が刻まれている。

それが、これ↓

01 14 14 04
11 07  6 09
08 10 10 05
13 02 03 15

タテ、ヨコ、ナナメ
どう足しても、「33」になる。
こうした数字が、建物に隠されている?

いかがでしょう。
あなたも、
ご自身の何かに「暗号」を忍ばせてみませんか。

サイトの記事や情報を、毎日確実に
あなたのお手元に、お届けします!

無料メルマガ
「講師のネタ帳365」


今なら、2大特典プレゼント付き

【特典1】2分で心をワシづかみ!
話のネタ帳ベスト10

【特典2】エクセルだから
まんま使える
「心に残る名言100」

この記事を書いている人 - WRITER -
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2018 All Rights Reserved.