ライブ講師®実践会

ジャンル別 ネタ検索

日本初の私鉄はどこに敷かれたのでしょうか?(7月28日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
日本初の「私鉄」、1883年7月28日に開通しました。
さて、その区間はどこでしょう。
ちなみに、「汽笛一声、新橋を~」は、日本初ですが、これは国有鉄道です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
上野~熊谷間。
今の高崎線ですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
私なら・・・
はじめてこの話を聴いたとき、「えっ」ていう感じでした。
そうなんです。
1906年に国有化するまでは、私鉄だったんです。高崎線。

日本の鉄道は、最初は私財(といっても実質、半官半民のような形式だったみたいですが)を投じてつくられていきました。

ちなみに高崎線で、最初にできた駅は、
上野、王子、浦和、上尾、鴻巣、熊谷。
これも意外とびっくりですね。

 

 

こうしたサイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

こちらの無料メルマガにご登録ください

Dr.Tera

「講師のネタ帳365」
毎日1ネタ
その日にちなんだ最新ネタを、
毎朝6時にお届けします。

 

【講師のネタ帳365】無料メールマガジン



 

今なら何と! メルマガ登録者全員に「オンラインで使える 1まいネタ ベスト10」をプレゼント。数分以内に、1通目のメール『【講師のネタ帳365】ご登録ありがとうございます』(差出人「寺沢俊哉/教える技術365 )が届くのでご確認ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2020 All Rights Reserved.