ライブ講師®実践会 提供

ジャンル別にネタを検索しよう!

「知の殿堂」大宅壮一文庫と、UBER SUGGEST 時代は進化する(9月13日)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

●今日の「クイズ」は・・・
9月13日は、大宅壮一さんのお誕生日。
1900年9月13日生まれの作家さんです。
ご存じですか?
大家壮一文庫といえば、リサーチ関係の人で知らない人はいない。

雑誌の図書館、知の殿堂です。

昔は、専任スタッフが、記事をカードで分類整理していたそうです。
その際の分類は、どんな方法だったでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●答え
人物論に沿った「人名索引」と
ことがら別の「件名索引」。
解説によると・・・
「この実用的な索引システムが大宅壮一文庫の索引の特徴で、とくに件名索引は世相を反映したジャーナリスティックな項目だてが、一般の図書館分類にはないおもしろさを際立たせています」とのこと。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このお話、どう「いかし」ますか?
やはり、人名と件名なんですね。
ヘタな分類より、これで検索できる方が実務的なのですね。
もちろん、今は、ネットでみられるようになっており、こんな分類項目になっています。

http://www.oya-bunko.or.jp/magazine/for_index/tabid/89/Default.aspx

常に動いている、世相をどんな形で分類したらいいか?

その分類自体が、すでに知の塊だと思います。

東京は、京王線八幡山駅 下車、徒歩8分
住所は、こちら。
〒156-0056 東京都世田谷区八幡山3丁目10番20号

そして、今やネットの社会。
どれだけの言葉がネットで検索されているのか?

それを、無料で確かめらえるツールがあるのです。
それが、

UBER SUGGEST
こちら(↓)です。

https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

いや~便利な時代です。

サイトの最新記事を、もれなくゲットするには・・・

こちらの無料メルマガにご登録ください

Dr.Tera

「講師のネタ帳365」
毎日1ネタ
その日にちなんだ最新ネタを、
毎朝6時にお届けします。

 

【講師のネタ帳365】無料メールマガジン



 

数分以内に、1通目のメール『【講師のネタ帳365】ご登録ありがとうございます』(差出人「寺沢俊哉/教える技術365 )が届きます。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
公益財団法人 日本生産性本部 主席経営コンサルタント ライブ講師®実践会 代表 経営コンサルタントとして28年にわたり、上場企業から中堅企業まで約200社の経営コンサルティング、数万人の研修を実施。参加者自身の課題を題材に進める研修は楽しくて超実践的!リピート率は8割を超える。 2015年より「人前で教える技術」を磨きあう「ライブ講師®実践会」を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 講師のネタ帳365 , 2019 All Rights Reserved.